2020 Coronavirus Pandemic Response Policies

Coronavirus Pandemic Response Rules for 2020 Season

Every year, we publish NLA Rules in the Yearbook. This year, those rules include the Coronavirus Pandemic Response Rules. We enacted these policies early in April and have repeatedly updated them with community feedback. The version below (now called "Rules") will be published in the Rules section of the Yearbook and will guide our lives together to make 2020 a safe and enjoyable season for those who can come to Nojiri.

1. Coronavirus quarantine and travel restrictions
Do not come to NLA to avoid pandemic related restrictions in the area of your primary residence. Traveling to a more rural location serves to spread the virus. Please shelter in place. Do not come to NLA for quarantine. Our community is not an appropriate facility for quarantine. If traveling from abroad, you must complete the required quarantine before coming to NLA. 

2. Observe physical distancing
While at NLA please practice physical distancing at all times. This means remaining at least 2 meters from people outside your own household to the extent feasible. Never assume that others are safe because you are in a rural location. Many people with coronavirus show no symptoms. Please assume that anyone at NLA, including yourself, could be a carrier of the virus.

3. No large gatherings in cabins
Please socialize with your friends and neighbors online or outdoors, observing good social distancing practices. 

4. Avoid activities that spread the virus
For example, avoid group singing which has been linked to the spread of coronavirus. The virus can survive in the air for several hours in fine particles known as aerosols. Activities such as singing and boisterous talking contribute to the release of the virus into the air.

5. Wear a face mask
Face masks are effective at reducing the amount of aerosols the wearer releases, decreasing the risk of infection for others. Please wear a face mask in public, and especially when visiting stores or facilities in the local community. 

6. Seek treatment in urban areas
If you are sick or suspect you may have coronavirus, please seek treatment in an urban area with medical facilities designed to handle COVID-19. We recommend you have a plan in place as to how you will return to your primary residence without public transportation to seek medical help there. The local Shin-Etsu Hospital recommends that local residents with a fever, cough, or shortness of breath suspecting coronavirus, should call the consultation desk of the Nagano Public Health Center and receive instructions on which medical institution to visit. Tel. 026-225-9039  

7. State of Emergency Declaration
Should a State of Emergency be reinstated, NLA and its members must abide by all national, prefectural and local restrictions. The national and prefectural governments have warned residents of hot-spot areas where an emergency has been declared to not travel to other regions. Please do not travel to NLA during a State of Emergency. 
 

(Approved at 6/12 EC Meeting)

新型コロナウイルス・パンデミック対応規定

毎年、年鑑に NLA 規則を掲載していますが、今年の規則にはコロナウイルス・パンデミック対応規則が含まれています。私たちはこれらの方針を4月初旬に制定し、コミュニティから寄せられた意見を反映させながら更新を重ねてきました。以下のバージョン(現在は「ルール」と呼んでいます)はイヤーブックのルール欄に掲載され、2020年が野尻を訪れる方にとって安全で楽しいシーズンとなるように、基本的な生活指針を共有したいと思います。

1. コロナウイルスからの避難隔離と渡航制限
主要居住地域におけるパンデミック関連の制限から逃れる目的でNLAには来ないでください。地方への移動はウイルスの拡散につながります。NLA以外の避難場所を確保し、避難隔離目的でNLAを使用しないでください。私たちのコミュニティは避難に適した施設ではありません。海外からの旅行の場合は、予め必要な待機要請を済ませてください。

2. 物理的な距離の確保
NLA滞在中、常に周囲との身体的な距離感を保つよう心がけてください。自分の家族以外の人から可能な限り2メートル以上の距離を保つことが望まれます。決して、地方だということで周囲が安全であるとは限りません。自覚症状が出ないコロナウイルス患者も多数存在します。NLAでは、自分自身も含めて誰もがコロナウイルスの感染者である可能性があると仮定した上で行動してください。

3.キャビンでの大人数の集まりを避ける
友人や近所との交流はオンラインや屋外を利用し、極力ソーシャルディスタンスを保つように心がけましょう。

4. ウイルスを拡散させる活動を避ける
例えば、コロナウイルスの蔓延につながるグループでの歌唱は避けましょう。ウイルスは、エアロゾルと呼ばれる微粒子の中で数時間、空気中で生存することができると言われています。歌やおしゃべりなどの活動は、空気中へウイルスを放出させてしまいます。

5. フェイスマスクの着用
フェイスマスクは、着用者が放出するエアロゾルの量を減らす効果があり、周囲への感染リスクを低減します。公共の場ではフェイスマスクを着用し、特に地域の店舗や施設を訪れる際には必ず着用してください。

6. 受診治療は都市部で行う
コロナウイルスに感染している可能性がある場合は、COVID-19に対応した医療施設のある都市部で受診してください。その際は、公共交通機関を利用することなく居住地に戻って治療を受けられるように、予め計画を立てておくことをお勧めします。地元の町立信越病院は、地域住民の方でコロナウイルスが疑われる発熱、咳、息切れなどの症状がある場合、長野県保健所の相談窓口に電話して、受診する医療機関の指示を受けるように勧めています。電話番号:026-225-9039

7. 非常事態宣言の状態
非常事態宣言が再度発令された場合、NLAとその会員は、国、県、地方のすべての制限要請に追従します。国や県は、非常事態宣言が出されたホットスポット地域の住民に対して、他の地域への渡航を控えるよう警告しています。非常事態宣言の発令期間は、NLAへの渡航はご遠慮ください。

*情報理解の補填的な目的として日本語訳が添付されています。